FC2ブログ

Entries

プレイボード

以前から見てくださっている方はご存じだと思いますが、我が家では家庭保育園というのを乳児期にやっていました。

ぜ~んぜん使いこなせてはいなかったのですが、未だに活躍している現役教材が多いので我が家的には買って良かったと思っています。

で、一番良かったな~と思うのがこのプレイボード。

正直子供が小さい頃はあまり活躍してませんでした(笑)
でも今凄く活躍しています。
といっても使用法通りには殆ど使われず、、、が我が家(娘?)流

先日もプレイボードのマグネットと絵を組み合わせてずっとお話作りをしていました。

P3049321.jpg
「今日はお母さんの実家から変える日です。車にのったあと、新幹線に乗って家に帰ってきました」

P3049325.jpg

「ようやくお家に着きました~」

P3049326.jpg

「お父さんとお母さんがドアの前にやってきましたよ~」


永遠に続く・・・・・

一人っ子なので家で遊ぶ時にはこういう遊びばかり、、、ちと不憫です(笑)

こぐま会のおけいこカードでもお話作りというのがあるのですが、大好きすぎて毎日やりたいとせがまれます。
私としては苦手な地図上の移動とかを頑張ってほしいんですけど~~~。。。。
ちなみにおけいこカードで使う三角パズルというのもこのプレイボードセットにあるマグネットの三角シートを使ってやらせています。

ちゃんとした使い方で活躍してくれると一番嬉しいんですけどね(笑)
ホワイトボードとかでも代用できると思うので是非♪
スポンサーサイト



気がつけば

そう、今更なのですが、三歳をすぎたので家庭保育園卒園してました。
発達検査してない。。。orz頑張ろう。

今更ながらですが、1歳過ぎから使い続けた家庭保育園(以下カホ)
ものすごい独断と偏見で感想を書きたいと思います。

ぶっちゃけ話、高い!高すぎる!!(笑)
本当に買うときはドキドキしながら買いました。
ウチはパパが早期教育をしたいと言い出したので、私はその要望にこたえるべくいろいろ調べるばかり。
以前のブログに書いてましたが、最初は七田の教材を少しだけ買って様子を見ていました。
でも、七田ではフォローっぽいものが無かったので何をどう使っていいのやらさっぱりわからなかったのです。
そこを理解する為にはフォローがついてくる通信教育っぽいものを教材とは別に注文しなければいけなかったりで、そしたら結局どんどんお金がいるんじゃないかと悩み始め。
そもそも七田は教室もありますから、教室に通ったりなんかしちゃうと毎月1万以上。
しかも二人目がもし生まれたらまた一から払わないといけない。

我家にはとてもそんな余裕無いわ~~~!

ということで、七田からの転換を考えました。
いろいろな教材を調べて、数社からは実際家に来てもらってレクチャーしてもらって。
でもピンと来ない。

そんな時カホを知り、ネット上でどこでも評判の良いので気になって。
でもお値段でがっかりで(笑)

しかしどうせお金をかけるなら、そして自分がやるのだから、ということで私が気になってしょうがなかったカホのアドバイザーさんに来てもらっていろいろ説明してもらうところにこぎつけました。

説明を聞いて初めて、「これだ!!」って思えたんです。

他の教材が能力重視なのに比べて、家庭保育園は運動、情緒の安定などにもすごく力を入れていて、とにかくオールラウンドプレイヤーというイメージがありました。
どことは言いませんが、「買ってくれるならPCつけます」とかいう謎の条件を出してくる会社もあったんですよ。

カホの教材はとにかくアナログなイメージ。そもそも映像はNGの世界でしたし。

一回の説明ではとてもわからないくらい教材があり、納得してからでないとこの大金は出せない、、、と頭ではわかっていても、なんとなくこれしかないって思ってパパを説得してカホ購入にこぎつけました。

結果として、、、、

とっても良かったな~って思います。

ムスメが恐ろしく天才児になったかっていうと全然(笑)
でも、カホを買ったことによって親が変わりました。

そう、育児は育自ということを本当に理解させてくれたのがカホなのです。
子どもをきちんと育てようと思ったら、親が勉強しなきゃいけない。
もちろん、勉強一辺倒ではなくて、母親特有のカンのようなものが一番大切なんだけど、一人目の子どもを育てるには親も一年生なんです。

とにかくなにもかも初めてのことだらけで迷ってばかり。
その迷いがとてつもなく育児のなかでマイナスの要素なんですよね。

カホを購入して、カホユーザーさん、そしてブログ仲間の方達に出会えて、本当に親学をしっかり学ばせてもらった気がします。

お金をかけたから学んだっていう部分も少なからずあると思います(笑)折角買ったんだからちゃんと使いこなさなくちゃって。でもどんなカタチでもいいから親としてどうあるべきかということを学ぶ姿勢は重要だと思います。
そういう意味ではお金をかけたから!!というモチベーションアップも良かったナァって思います。

ぶっちゃけトークで言いますと、カホの全ての教材が全て良質だとはいえないと思います。
絵カードの絵なんかは少し古いものが多いし、使いづらいものもいくつか。

ポリシーによっては全く使わないものもあるんじゃないかと思います。
(私も沢山~~~(^^;))

そういう意味ではコストパフォーマンスはよくないのかもしれません。

こうやってブログを書いたりしてきた中で、カホ教材にこだわらなくても素晴らしい教材が沢山あるということも正直わかってきました。

でも、セットで販売されていることは全てが悪ではない。と思います。
それは子育てする中で一番貴重な時間が節約できるから。

それぞれの分野で最高のおもちゃ、教材を買おうと思えばできます。
でもそれをする時間がないのが子育て期間。

調べる時間の短縮、また使いこなす方法を効率良く集めるという意味ではカホをかって間違いなかったなって思います。

また、すばらしいと思うのがカホママさん同士のつながり。
本当に志が高い人ばかりでいつもいつも学ばせてもらうことばかり。

もしカホを買ったけど生かせてないな、、、と感じている方がいらっしゃったら住んでいる地域にカホママさん同士のサークルなどあったら是非参加してみてください。
もしない場合は自分で作ってみるという手も。
それはどうしても、、、という場合はブログを書くのも手だと思います。

とにかく一歩踏み出すことですごく世界が広がって親学が楽しくなると思います。

今はカホというより、モンテッソーリやシュタイナーに傾倒し勝ちな日々ですが、カホと一緒に過ごした時間は本当に貴重でした。
そしてカホの合言葉「小学校まで教材を使い倒せ!」という合言葉もありますしこれからもジャンジャン使えますし。

なんだか何が言いたかったのかよくわからなくなってきましたが、カホを卒業するにあたってカホへの思いを書いてみました。

家庭保育園ありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします♪

カホの購入を迷っている方、また使い方に迷っている方の参考になれば。

カホ卒業生より

文字シート活用

ご要望があった(と勝手に勘違い?)ので調子にのって文字シートの遊び方を。

家庭保育園教材になるので参考にならない方もいらっしゃるかと思い畳ませていただきます。

続きを読む

プレイボード♪

ムスメ、無事三歳になりました♪

二歳児時代は振り返ってみると遅れを取り返せとばかり焦っていた日々だった気がします。
後半はちょっとだけ自分が進むべき活路が見えてきたカナ?と思い始め。

最近では段々自分のやるべきことがはっきりしてきた気がします。
これからもムスメにとってのオーダーメイド教育、頑張れるといいナァと思います。

それもこれもこうやってブログを通じていろいろな人の意見を聞けたり、いろいろ良い情報をいただいているおかげです。

今更ではありますが、本当にありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いいたします。

簡単なアクセス解析はしてますが、どのくらいの方々に見ていただいてるのか未知なので、たま~にでもコメントいただけると狂喜乱舞いたします(笑)

さて、本題。
ちょっと前に三歳からの教育展望を書いて、そこで算数と国語のメインにするとかいたプレイボード&シート。

家庭保育園の要ともいえる第二教室に入っているモノなのですが、今更ながら本当に素晴らしい!!!!

おはずかしながらこれまで全く、、、、使いこなせていませんでした。
1歳代はいつもシートをぐちゃぐちゃに。
二歳代はシートにお絵かき、、、、それがストレスでストレスで(笑)すっかりお蔵入り。

四色色板だけは出してたまにいろんなカタチを作ったりしてましたがそれもすっかり放置状態。

それを最近出しているのですが、三歳になった今。本当に素晴らしさに感激しています。

ほんの一部ですがちょっとご紹介
P1100697.jpg

これがことばシートというものでそれぞれの名前と絵のマグネットシートです。
まずは読んで、絵を対応させてから、ことばだけにして、絵を一つづつ指してこれはどこ?ということをやっています。

前はそんなの全然やってくれるそぶりもありませんでしたが、今は平仮名はほぼ完璧なのでスイスイ取っている娘に感動

ちなみにこれ、家庭保育園のプログラムではもっともっと早い段階でやります。。
スーパーカホッ子すごすぎる。。。。

まぁうちはそうはなりえないので、これから頑張りましょう(笑)

P1100698.jpg

これが数の認識を助ける遊びです。
昔はこれも。。。。。。でしたが今はしっかり遊べるので楽しいです。
一つずつ数えるということが随分上手になりました。
もうちょっと前から使えば良かったな。。(^^;)

他にも
P1100699.jpg

こんなのや

P1100700.jpg

こんなの

P1100701.jpg

そしてこれがよく言っている四色色板です。
この基尺が45mmのものがあるので積み木とあわせられそうなのです。
またモザイク遊びも好きになりそう。

他にも沢山あって、これからいろいろ使っていこうと思います。
ちょっと絵が可愛くない、、、のですが、私ペーパー系を作るのが苦手なので、このマグネットシートがあれば、その日の気分でムスメにあったプリントを作る感じで遊べそうで楽しみです。

折角買った教材。眠らせずに頑張って使おうと思います♪

リトミカについて

すっかりブログ上で出番の無くなった感のある家庭保育園

一応細々と続けています。

毎日やっているのはリトミカのリズム造形、お絵かき歌をひとつずつ。
音楽童話を曜日ごとに一つ(水曜日は三匹の子豚!という感じで曜日も少しずつ覚えてきたみたいです)

あとはチューターを毎日(でもたまにさぼってしまいます(^^;))
ボードでお絵かきをしたり、絵本を読んだりくらいです。

で、今一番ちゃんとやっているのがリトミカだと思うのですが、最近少しリトミカに懐疑的になっていました。

というのも、リトミカのお絵かき歌でお絵かきを覚えた子は同じような絵ばかり描くようになると。

確かにそうかも。。。と思い悩み始め。。。
またどこかで、童具館の和久さんはリトミカのお絵かきは良くないと言われていたというようなことをみて。。。ますます懐疑的に。。。

独創性が失われるのは怖いし、リズム造形はともかく、お絵かき歌は使うのやめようかなって思いオークションに出すことを検討し始めました。

で、どうせ出すならともう一回読み直したら。。。。

「やっぱりちゃんと使おう」

って思いました(笑)

お絵かき歌の玉野先生曰く、この教材の意図するところは自分の思うがままに絵を描ける力を身につけること。
決して絵描きを養成しようとかそういうことを目標としているわけではない。

と、いきなり絵描きや絵画展などで入選するような人材を育成する為のものではないとばっさりと書かれていて逆に潔さを感じました。

ずっと見ていくと確かにうなずける。

私は絵を描くのが苦手だけど、何で苦手なのかというと思うがままに描けないから。

リトミカは自分が見たものをきちんとありのままに書くことが出来るように幼児向けに適した教材として作られたものなんだということがわかりました。

最初に読んだ時にはあまりぴんと来なかったけど今ならすごくわかります。

なぜなら恐ろしく絵心が無かった私ですがいろんなものが描けるようになったこと。
そしてダンナさんが絵が上手になったと驚いていること(笑)

そしてさらに読み解くと、最初はお絵かき歌で指示どおり書くけどその後は自分で好きなように応用できるように持って行きなさいと書いてありました。
そしてそのもっていきかたも。

かなり自分なりのアレンジで使っていて、本質を全然わかってませんでした。
家庭保育園の教材は使い方を一歩間違えるとちゃんとした働きかけにならないと言いますが本当ですね。

でもアフターの電話ではあまり有益なアドバイスをもらえないことが多いのです。そう感じてるのは私だけなのかもしれませんが。

なのでやっぱりこうやってたまに付属の本をみて、その教材を作った人本人の意思を確認することはとても重要だなぁって思いました。

というわけで、久々にドーマンの本でも開くかしら。。。でもすぐに眠くなるんだよナァ(^^;)頑張ります。

Appendix

プロフィール

caritas

Author:caritas
2006年6月産まれの娘と楽しく暮らしています☆

旧ブログ
http://kahodiary.at.webry.info/

最新記事

ツリーカテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazonサイドバーリスト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード