FC2ブログ

Entries

絶対音感

ちょっと前から絶対音感プログラムを始めています。

実は絶対音感に関しては、私はそんなに強く希望はしていませんでした。
というのも私自身が楽器演奏の経験が乏しく、楽譜もまともに読めない人間だからです(^^;)

それに、絶対音感って身についたら身についたで不便。と聞いたことがあったから。
生活の音全てがドレミに聞こえるとかって言いますよね。
それは決して幸せな人生とはいえないかも。。。と良くわかっていないながら感じていました。

でも、そんな思いを全て払拭してくれる本を見つけてしまったのです。
それは


です。
こちらの本の著者は一音会というピアノスクールの創始者で、絶対音感のある子を広めようということで、独自に編み出した絶対音感を身につける為のやり方、ステップ、途中で生ずる問題への対処法をこの本に全て書いていらっしゃいます。
正直言って、これだけの内容をこの値段で、、、というのはすごいことだな、、と思ってしまいました。
というのも、他の絶対音感系の教材なども探したのですが、どれも結構なお値段で躊躇してしまっていた為です。

とはいえ、とはいえですね。
楽譜もまともに読めない自分に本当にこの方法を忠実に守って絶対音感を身につけさせてあげることができるのだろうか、、、という一抹の不安は残っているのですが。

とりあえず悩んでいてもしょうがないので先日から開始しています。
ちなみに、私のようにプログラムが実行できるかどうか不安な人のために、スクールでの絶対音感指導はもちろんあります。
また通信教育システムもあります。
結構なお値段なので我家は今のところ考えていませんが、うまくいかなくなったらそちらの受講も考えています。

ちなみに絶対音感を身につけて欲しいと一番願っているのはパパです(笑)
なのでこのプログラムに必要な旗や、楽譜が読めない私向けに鍵盤カードも作ってくれました。
ここまでやってくれてるのだから、、、と私も重い腰を上げて頑張り始めたところです。

さてさてどこまでうまくいくのやら??
ちなみに、この本の著者である江口先生に寄ると絶対音感は6歳半までにはじめないとつかないのだそうです。

他の器官と違って、耳の発達は早く始まり、早く終ってしまうからなのだとか。
この辺は語学も同じですね。
逆に相対音感はどれだけ年齢を重ねていても努力さえすれば身につくのだそうです。

実は私、絶対音感と相対音感の違いさえ良くわかってないのですが(^^;)

こんな私がうまくすすめていくことができるのかとても不安ですが頑張ってみようと思います。

ちなみに進めていく上でうまく行かなくなったときのためにQ&Aの本も出ています。

こちらの本もいずれ買おうかなと思っています。



スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

caritas

Author:caritas
2006年6月産まれの娘と楽しく暮らしています☆

旧ブログ
http://kahodiary.at.webry.info/

最新記事

ツリーカテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazonサイドバーリスト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード