FC2ブログ

Entries

まさに求めていた本!

どうやら風邪をこじらせてしまったみたいです。。。風邪流行ってますね。皆さまもどうぞお気をつけて。

皆さんはお子さんが風邪をひいた時どうしますか?
私はこんなご時世なのでインフルを逆にもらっては、、、ということで熱がでても元気そうなら病院に連れて行きません。が、この辺はもし連れて行かなかったことが重大な結果を呼んだら、、、とドキドキしながらなときもしょっちゅうなのですが。

ムスメが風邪のときですらそうなので自分が風邪をひいても病院に行きません(^^;)

なるべく自然治癒力を高めて自力で直す力を信じたい。と考えていることからこうしています。

もともとこういう思考なので昔ながらの蜂蜜大根とか生姜湯とかは愛用しているのですが、イマイチ「これでいいのかな~」って思ってるところがありました。
あくまで「よさそう」って感じてるだけで根拠に欠ける?って思ってたりして(笑)

そうすると自ずと今流行りの(?)ホメオパシーにも興味がうつった時期があったのですが、そこでつかうレメディーが高い!そして学ぶのにもお金がかかる、、、ということで即挫折しました。

決してホメオパシーを否定するわけではありません。
ただ、やっぱり日本人なので日本古来の方法を生かしたいなぁって思ってました。

もっと気軽に、日本古来の食べ物をつかって自然治癒力を高める方法がまとまっているものがないかしら、、、といろいろ探していたときに、たまたまお知り合いのカホママさんから教えていただいた本が大ヒット!!!

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版
(2008/10/23)
大森 一慧

商品詳細を見る


こちらはいわゆるマクロビ本です。
実はマクロビに関してはあまり詳しくないのですが以前から興味はありました。
ただマクロビ=ベジタリアン?みたいな変な偏見があり、私には無理そうって思ってあまり詳しく調べてはいなくって、、、(^^;)

こちらの本はマクロビをあまり知らないのにこんなこと書くのもなんですが日本古来のご飯を大切にしている感じなのであんまりこじゃれた感じで作りづらい、と言う感じもありません。(マクロビをどういう風に見ているんだ?っておもわれそうな発言ですみません)

食べ物の持つ陰陽について述べてあり、その後は症状や病名によってどんな対処法をすればいいかということが事細かにかいてあります。

例えば風邪に関しても
発熱、頭痛、胃の不調、腹痛、下痢、のどの痛み、筋肉痛、関節痛、、、etcというふうに風邪とひとくくりにするのでなく症状別に対処ほうがのっています。

しかもどれも日本の食卓に馴染み深い食材を使ったものばかり。
幕内さんの本に通じるものもあり、そこがさらに深く掘り下げてあり、事細かに説明してあるので病気になったりしたときにとても重宝しそうです。

我が家に一冊。モノを発見した気分です。
気になる方、図書館などで是非見てみてくださいね(^^)

私はとりあえず自分の風邪をまず治さなくては、、、
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

caritas

Author:caritas
2006年6月産まれの娘と楽しく暮らしています☆

旧ブログ
http://kahodiary.at.webry.info/

最新記事

ツリーカテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazonサイドバーリスト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード